2012年01月26日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2009年04月07日

 日経225システムトレード、またFXシステムトレードのソフトを紹介するブログです。 

今回紹介するのは


   日経225先物 

 爆増オーバーナイトトレード




ファイナンシャル・プランナーが開発した


1日3分で年450万勝てる簡単投資法



はじめまして、私はファイナンシャル・プランナー(以下FP)で、


個人投資家でありこのシステムトレードの開発者の大塚といいます。


FPとは、金融・不動産・保険・相続・税金・ライフプラン・年金などの


総合的知識から、将来起こるであろう


リスクなどを想定し、アドバイスやライフプランニングをする国家資格です。


近年日本で非常に人気が出ている資格です。


アメリカでは、弁護士、公認会計士と並ぶ社会的地位の高い資格のひとつです。






株式、商品先物、FX、投資信託、ヘッジファンド、外貨預金、金貯蓄

オプション、e-ワラントなど、あらゆる投資を実際に実践してきました。

会社の呪縛に捉われない独立系FPとして、投資に関してストレートな

意見を持ち、システムトレードを19個開発し、実践しています。


私が、初めてシステムトレードを知ったのは2002年。


スイスに本社がある、ヘッジファンドに300万を預けて、


翌年、為替差損があったにも関わらず、



400万円になって帰ってきた時、このヘッジファンドを調べると・・・・・


実は、システムトレードで運用していた事を知ったのです。


システムトレードは、市場の流れに付いていき、


売りでも、買いでも、柔軟にすばやく売買出来る。 



まさに、勝つために作られた、



最強のマシーン(機械)のようなトレードでした


買い時、売り時をプログラム化し、


機械的にシグナルに従って売買するトレード。


とかく人間は、裁量や感情によりルールを変更してトレードしてしまいます。


システムが出したシグナルに従ってトレードする事によって、


一時的な感情に左右されること無く、コンスタントに利益を出すことが可能なのです。


市場の癖(アノマリー)を長い期間の検証により見つけ出し、


そのアノマリーが出た時の確率の高い方に賭ける(売買する)。


システムトレードの中にも、いくつか種類があります。


システムトレードの中で自分に一番合っていたのが、


大引けで仕込み翌営業日の寄り付きで決済する


オーバーナイト式のトレードでした。



詳細はこちらをクリック



2009年04月07日

日経225システムトレード、またFXシステムトレードのソフトを紹介するブログです。 

今回紹介するのは


   日経225先物 

 爆増オーバーナイトトレード




ファイナンシャル・プランナーが開発した


1日3分で年450万勝てる簡単投資法




システムトレードの開発者からのメッセージです。



銀行に預けていても全く増えない、


株を買ったが、どんどん下がる一方、


訳のわからない投資で大損させられた、


投資信託を薦められて購入するが増えるどころか暴落する有様、


ヘッジファンドはいいと思うが、英語が出来ない、


外国証券も良く分からず、


FXでスワップを期待して長期で持っていたら大負けしていた


・・・・という方々もいらっしゃるでしょう。

 

結局、自分のルールで自分で運用するのが一番、安全で信用出来るのです。


とは言っても自分で運用して、すぐに勝てる訳がない。


わずか5%しか勝ち残れないと言われる魑魅魍魎が跋扈する魔の世界。


雑誌や新聞、テレビで云うほど容易では無い。


だったら、勝ってる投資家が何を売買しているのか、


ポジションはどっちなのか?


事前に知らせてくれたらな?と思った事はありませんか?


そこでトレードシグナル配信サービスなのです


トレードシグナル配信サービスはこんな方にお勧めです。


資産をトレードで増やしたい。


仕事(パート等)があるから、カンタンじゃないと出来ない。


投資で上達したいから、勝っている投資家のポジションを知りたい。


トレードで生活したい、仕事を辞めたい。




勝つ為には、勝ち方を知っているシステムトレーダーと


同じようにトレードすればいいのです。


オーバーナイトメールニュースではシステムトレーダー大塚が、


今日どのようにトレードを行うかがメールされます。


私が行っているトレードを毎日2回、


9時前と3時前にあなたの携帯かパソコンにメールします。


あなたは1日2回、9時前と3時前に3分だけ、


証券会社に指示するだけでいいのです。


詳細はこちらをクリック

 



PROFILE